banner

社会人として働くための第一歩

日本では20歳から成人として認められ、お酒やタバコ等、未成年者では出来なかったことが自分の意思で出来るようになります。これは成人として法的に認められるだけではなく、「自己判断が可能であり」、「自分の行動に責任が持てる」という意味でもあります。

では、就職して新入社員として会社で働くようになるとどうでしょうか?

新卒として会社に就職した人にこんな経験を持った人は多いのでは?
入社前の企業説明ではまるでお客様をおもてなしするようにあつかれていたのに、就職が決まると急に「もう学生とは違う!」と言われて叱責を受けたり、人事部の人の態度が急変したという体験をした人はいるのでは?

当然かもしれませんが、会社に就職して働くのと、学生として勉学に励むのではまったく違います。
勉強が得意な人が会社に就職して成功できるかと聞かれれば、必ずしも成功するとは限りません。

会社の中ではチームでプロジェクトに取り組みます。そしてこのプロジェクトには、同僚という仲間がいて、上司、会社の役員がいて、取引先の企業や一般のお客様がいます。

勉強が本文の学生は、極端なたとえになりますが、勉強で失敗して、成績を落としても責任を負うのはアナタです。
しかし、会社では1人のミスがプロジェクトの失敗原因になり、同僚、上司、会社の役員と会社全体に大きな影響を及ぼす可能性があります。

大げさに言っていますが、「まったく可能性の無い話では無い」ところが企業で働く会社員というもので、学生との大きな違いになるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2015 探偵の求人・バイトの選び方。調査員の募集はこう探す Inc. All Rights Reserved.